お客様のお困りごと、これで解決!高精度の位置検出がしたい。高速運動を素早く検出したい。検出距離を大きくとりたい。特許取得

従来の近接センサや磁気抵抗素子では不可能な
再現性精度が安易に実現できます

弊社磁気近接センサの特長

  • 磁気近接センサは磁界の強さの変化でON,OFF 動作するセンサです
  • 動作原理はホールIC なので、有極性でS 極側検出が標準です
  • 高速応答(5μsec 以下) なのでスピードメータ、回転計にも使えます
  • 一般の近接センサに比べ、高感度(検出距離大)、小形です
  • ダブルセンサはサーボ原点とオーバーラン検出が1個で可能です
  • 電波ノイズの干渉を受けにくいので信頼性の高いセンサです

製品紹介Product introduction

  • 磁気近接センサ
  • 高精度位置決め用マグベース
  • 磁気接近マグ
  • ドアセンサ/ドアマグ
  • 近鉄センサ
  • リニアセンサ

磁気近接センサ

AH002

RoHS2対応
シングル:3線式
ダブル:4線式

PDF
特長

表示灯2 色のダブルセンサ

外形図
回路図

AH003

RoHS2対応
3線式

PDF
特長
外形図
回路図

AH004

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

小形でしっかりネジ止め2ヶ所
検出面は上向と横向あり

外形図
回路図

AH005H

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

高感度
頑丈なケースで屋外使用も可能

外形図
回路図

AH006

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

表示灯付で小形
エアシリンダに実装可能

外形図
回路図

AH009

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

金属ケースで耐水・耐油性あり
●AH009:大出力電流型
●AH009E:表示灯なしのエコノミータイプ

外形図
回路図

AH0010

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

鉄中埋没でも使用可
金型, 治具用に最適

外形図
回路図

AH0012

RoHS2対応
2線式

PDF
特長

表示灯付、2 線式

外形図
回路図

AH013

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

プラスチックで一番小さなM7ねじケース
表示灯なしのエコノミータイプ

外形図
回路図

AH014

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

表示灯付マイクロサイズ
2 ヶ所のねじでしっかり固定
上面S 極、下面N 極としても使用可能
小さなスペースにも実装可能

外形図
回路図

AH014H

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

AH014 の前面検出タイプ
外形、取付寸法が共通で使い分けが可能

外形図
回路図

AH015

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

小さなケースで表示灯付、極小スペースに
工作機械の切削液、油飛沫のかかる悪環境でも使用可能
複数並べても使用しても相互干渉なし
上面S 極、下面N 極としても使用可能

外形図
回路図

AH015H

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

AH015 の前面検出タイプ
外形、取付寸法が共通で使い分けが可能

外形図
回路図

AH023

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

表示灯付、高感度
プラスチックM12 ねじケース

外形図
回路図

AH024

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

表示灯付、高感度
プラスチックM9 ねじケース

外形図
回路図

AHM024

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

機械的強度大
屋内防水
工作機械実装
高感度
ステンレス M9 ねじケース

外形図
回路図

AHM024P

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

超高感度磁気センサ
M9 サイズで0.5mT 検出
複数並べて使用しても相互干渉なし

外形図
回路図

AHM025

RoHS2対応
4線式

PDF
特長

1つのセンサでS 極・N 極を高感度で検出
屋外・車載にも対応の耐環境ステンレスケース
-25℃冷凍設備内対応品(特注仕様にて)

外形図
回路図

AHM026

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

一番小さなM6 ステンレスねじケース
屋内防水で治具、型、自動機等に最適

外形図
回路図

AHM028

RoHS2対応
3線式

PDF
特長

ステンレスM8 ケースで頑丈、小形
表示灯付、屋外使用可で工業用に最適

外形図
回路図

高精度位置決め用マグベース

AG001

RoHS2対応
400円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG002

RoHS2対応
400円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG003

RoHS2対応
430円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG004

RoHS2対応
400円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG001H

RoHS2対応
400円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG002H

RoHS2対応
400円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG003H

RoHS2対応
430円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG004H

RoHS2対応
400円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

磁気近接用マグ

AG001K

RoHS2対応
350円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG002K

RoHS2対応
350円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG003K

RoHS2対応
350円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG004K

RoHS2対応
350円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG001KH

RoHS2対応
350円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG002KH

RoHS2対応
350円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG003KH

RoHS2対応
350円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG004KH

RoHS2対応
350円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG011

RoHS2対応
2,400円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG011-K

RoHS2対応
2,800円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG009K

RoHS2対応
440円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG0010S

RoHS2対応
500円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG0010L

RoHS2対応
650円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG0304

RoHS2対応
150円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

AG05015

RoHS2対応
150円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

ADG02

RoHS2対応
500円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

ADG02X

RoHS2対応
500円(税別)

PDF
外形図
磁気特性

磁気近接センサと磁石の組み合わせ例磁気近接センサとマグ(或いは磁石単体)の組合せ

磁気近接センサと磁石の組み合わせ例

①図のように磁石のS 極側に出来る動作曲線(例えば3mT の等磁極線)は円形または楕円形に近いものです。磁気近接センサが動作曲線内のON 領域に入ると、ホールIC がON します。センサの近付く方向に制限はありません。磁石が大きくなると、動作曲線も大きくなります。同じ磁石でも3mT の動作曲線の外周に2mT の大きくふくらんだ動作曲線があり、1mT は更に大きな円に広がります。小さな「マグ」でも20mm の検出距離は楽に得られます。また適当な大きさの磁石と高感度(1mT)の小形センサの組合せでも60mm の検出距離を得ることができます。

②磁気近接センサは無接点で信頼性が高いだけでなく、どの方向からでも円形の動作曲線に対して垂直に近付くように出来るので、動きにぶれがあっても高精度で安定的位置検出が得られます。

③「マグ」は近接用の発磁ユニットの略語で、単体磁石をプラスチックで被膜し、ねじなどで取り付けるようになっています。他の一般の近接センサに比べ小形で大きな検出距離が得られます。(磁石単体が剥き出しでは鉄片等が付着し易くトラブルの原因になる心配があります)

④磁石単体「AG0304」は、φ3×4 の希土類磁石で、回転体(カップリングのハブ等)の外周に埋め込んで回転位置の検出、回転速さの検出センサ等に利用できます。磁石単体は大小揃えており、機械組込用のご相談にも応じることが可能です。また周囲空間のない小形装置にも実装しやすい利点があります。

磁気近接センサとマグベースの組合せ従来の近接センサや磁気抵抗素子では不可能な再現性精度が容易に実現できます

磁気近接センサとマグベースの組合せ

マグベースは図のように、鉄板上に3 つのマグネットを極性を違えて配置したものです(特許取得)。
マグネット単体の代わりにマグベースを使用すると、ギャップが変化してもON 領域がほとんど変化しない領域を得ることができ、またより大きなギャップでもON 領域を取ることができます。
マグベースの配置はON 領域境界近傍の磁気勾配を密にするためマグネット単体に比べ動作点の再現性精度が大幅に向上します。

ダブルセンサとしての使い方センサとマグベースの位置関係が平行の場合、差動距離は1.5mm±0.3 です
交差の位置になると3.7mm±0.3 になります

ダブルセンサとしての使い方

磁気近接センサは小形でセンサ同士の磁気干渉がないため密接して配置することができます。
この利点を生かして一つのケースに二つの動作点を持つセンサを内蔵したものがダブルセンサです。センサひとつ分の取付で、例えばサーボ系の原点検出とオーバーラン検出が可能になるなど、装置のコンパクト化や組立コスト低減に貢献します。

特長

  • 頑丈・小形・高感度のドアセンサ
  • 無接点なので高信頼、長寿命です
  • どんな高速移動体でも検出します
  • 鉄板ドア内蔵でも、磁気孔(φ12)で実用可

ドアセンサの実装例

ドアセンサの実装例

注)上図説明例の他に磁気横向マグと上向センサのマグもセンサも取付穴をM4タップ穴とし組合せ、上向マグと横向センサの組合せ等自由です。

※実際の検出距離はもっと大きいですが、周囲の状況(鉄板等)で異なります。
 非磁性ドアとは、アルミ、SUS304、ガラス、木、樹脂などです。
 磁気横向マグと上向センサ、或いはその逆の組合せ等自由です。

ドアセンサ/ドアマグ

ADH02

RoHS2対応
3線式

PDF
外形図
回路図

ADH02P

RoHS2対応
3線式

PDF
外形図
回路図

ADH02X

RoHS2対応
3線式

PDF
外形図
回路図

ADH02XP

RoHS2対応
3線式

PDF
外形図
回路図

ADG02

RoHS2対応

PDF
外形図
回路図

ADG02X

RoHS2対応

PDF
外形図
回路図

特長

  • 鉄などの磁性体のみを検知する近接センサ
  • アルミニウムや非磁性ステンレスには反応しません

原理

原理

注意事項

  • 鉄粉など保持されていない微小な磁性体は、吸着してしまうため対象には適しません。
  • 近鉄センサの取付は検出面の背面、側面に磁性体が来ないように配慮して下さい。
  • 近鉄センサは動作感度域内で磁性体の有無を検知する物で、動作位置を保証するものではありません。

近鉄センサ

AR001

RoHS2対応
3線式

PDF
外形図
回路図

AR002

RoHS2対応
3線式

PDF
外形図
回路図

AR012

RoHS2対応
3線式

PDF
外形図
回路図

AR101

RoHS2対応
3線式

PDF
外形図
回路図

特長

  • 磁気に対しリニアな電圧出力
  • 磁石の移動に対しリニアな電圧出力
  • 磁気振動の検出、監視(0~100kHZ)
  • 低温から高温まで使用可能
特長

※ センサは磁束密度の変化に比例した電圧を出力します
※ N側、S側とも約40mT以上で出力電圧は飽和します

試験データ1

試験データ(1)

※ 一定のギャップのもとで磁石を左右に移動するとリニアな出力電圧が得られます
※ ギャップの大きさを変えることでリニアの感度を変えられます
※ 強い磁石で、同じリニア感度に対し大きなギャップが得られます

試験データ2

試験データ(2)

※ センサと磁石のギャップを変化させると2次曲線的出力電圧がみられます
※ 磁石の強さでギャップの大きさが変化します
※ 本磁石の場合はギャップ3.5~8.5の範囲が実用的です

リニアセンサ

AQL04

RoHS2対応
3線式

PDF
外形図

AQL010X

RoHS2対応
3線式

PDF
外形図

Q&A

Q

米国UL規格を取得していますか?

A

ケーブルは取得したものを使用していますが、製品としては取得していません。

Q

有接点式センサから無接点式センサに取り換えて、問題が出ることはありますか?

A

問題は特にありません。
逆に無接点式のセンサをお使い頂く事により、接点障害が起こらなくなり、長寿命で使用することが出来ます。

Q

磁気センサとマグの間にアルミがあるが反応しますか?

A

S極の2.5~3.5mTが得られれば、アルミなどの非磁性体が入っても問題ありません。